結婚式にも対応できるドレスを通販で購入しきちんとマナーを守ろう

ドレスの色について

ウーマン

結婚式では、新婦がお色直しをすることがあります。服装マナーがしっかりと出来ている人の中には、お色直しをしたドレスと同じ色にならないように配慮する人もいます。新婦によっては、同じ色のドレスを着ていることで不機嫌になることもあります。せっかくのめでたい席で憎まれる事は、よくないので、事前にカラードレスの色などを確認して置くことが大切になります。カラードレスで使わせる色として黒や青、赤などがあります。結婚式に参加する時には、淡い色などを選ぶことで新婦とかぶることが無くなりますが、白やクリーム系のドレスは、よくないので、避けるようにしましょう。黒のドレスでは、バッグなどの小物系に光り物を入れると、上品な服装になりますが、友人で黒のドレスを着てくる人が多くいる可能性もあるので、よく確認して服装を決めることが重要になります。

結婚式には、靴などの服装についてもマナーが必要になります。一般的に履かれている靴がパンプスになります。つま先が隠れているパンプスが結婚式に相応しい靴になります。式によっては、カジュアルな服装でも良いこともあるので、事前に調べておくことが大切になります。パーティースタイルで二次会に参加することもできるので、ドレスにヒールを合わせた服装もすることが可能です。